このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しく食べるために

男の人

食事療法によって腎臓病の進行を遅らせることができます。食事内容は疾患の進行度によって異なっており、そのため得られる効果も違ってきます。また、水分摂取の際も医師に相談してから決めるといいでしょう。治療の時期は自己管理を徹底し、自ら食事療法をする意識を持ちましょう。

Read

病は気から

メンズ

腎臓病は恐ろしい病です。食事療法を取り入れている方は多いと思いますが、自分で栄養管理や美味しい食事を作るのには限界があります。ストレスなく食事療法を続けるためには、専門家が作った食事を宅配などで頼んでみるのも良いかもしれません。

Read

食事管理を正しく続ける

カップル

しっかり食事制限

腎臓病の食事療法は、症状によりたんぱく質・塩分・カリウムの食事制限が大切です。カロリーも十分に取らなくてはいけません。また症状によっては水分の制限が必要となる場合があります。食事療法を行う場合は必ず医師の指示に従い、管理栄養士に相談しながら行うようにしましょう。しっかり調節されていれば、腎臓病の食事療法で食べてはいけない料理はひとつもないのです。しかし、カロリー計算や減塩など気をつけなければいけない制限が多く、少々面倒くさい話にもなってきます。そこで最近では、管理栄養士が常駐している宅配食もでてきています。腎臓病の症状に合わせての制限食を案内してもらうことができ、安心して自宅で腎臓病の食事療法が出来ます。

正しく続けてることが大事

腎臓病は症状が進行すると最終的には人工透析が必要になります。また、すでに透析を受けている方も、症状の進行を抑えるために正しい食事療法を続けることはとても大切なことなのです。まずは自分に合った食生活を送りましょう。食べてはいけない食品があるわけではないので、できる限り自分の好みの食材で、好みの料理と調理で食べるようにしましょう。大切なのは、医師から指示された制限量に調整することなのです。そうすることで、体調も良好に保てることが出来ます。肝臓病の進行を遅らせ、なおかつ体調も良好、制限量はあるものの、食べられない食品があるわけではなく、外食も制限量さえ守ればできることが、腎臓病の食事療法が人気の秘密なのかもしれません。

腎臓の病気の対策

食事

腎臓病は初期は無自覚なことが多いので、検査が有効です。検査とは尿検査、血液検査であり、体に負担がかかる検査ではないので、定期的に受けておくべきです。治療は食事療法が非常に重要です。たんぱく質、塩分、水分、カリウムの摂取を控え、エネルギーを積極的に摂取します。但し、医師の指導のもと行う必要があります。

Read