美味しく食べるために|食事療法で腎臓病を撃退|病魔が恐れる体作り
このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しく食べるために

男の人

気をつけること

腎臓病は気がつかないうちに進行していることが多い病気です。腎臓病のための食事療法は、少しでも腎臓への負担を減らすことにあります。また、透析導入前の保存期の場合は、食事療法を行うことによって腎不全への進行までの期間を延ばして、透析になるのを遅らせることが出来ます。腎臓病が進行して腎不全へとなると、透析が必要となり透析を受けながらも食事療法で体調をコントロールすることが重要になります。腎臓病の初期の場合は、たんぱく質をとり過ぎないようにすることや塩分を控えることが大切になります。たんぱく質を取りすぎると腎臓への負担が増えてしまう一方、たんぱく質は大切な栄養素でもあるので適切な量を上手に摂取する必要があります。

注意点など

腎臓病になると本人が食事療法をするという意識が大切になります。腎臓の機能の低下により、カリウムやリンも体にたまりやすくなります。水分も主治医と相談してコントロールする場合もあります。腎臓病の方には高血圧の方が多いことも、塩分を制限する理由の一つになっています。カリウムを制限する場合、果物では缶詰ならカリウムの量が少なくなっているので、どうしても果物を食べたい場合は缶詰なら少しは食べることができます。また生野菜も、水につけるとカリウムが流出するので、生野菜を食べる場合は水につけてから食べるのが大切です。腎臓病の疾患ごとに食事療法も違いがありますが、医師の指示に従ってきちんと自己管理をすることが重要です。